トイレの温水洗浄便座の水漏れ対策と便座交換のポイント

一般家庭のトイレにも広く普及している温水洗浄便座は、日頃からきちんとお手入れをしていても、経年劣化などによりシャワーノズルや温水ホースなどからの水漏れなどのトラブルが発生することもあります。ここでは水漏れが発生した時の対処方法と、自分で便座を交換する際のポイントについて紹介します。

■便座の水漏れの対処方法

温水洗浄便座に水漏れが発生した場合は、まず止水栓を閉めて水を止めます。また、感電を防ぐために電源プラグを抜くことも大切です。トイレの床や階下などへの浸水を防ぐために、応急処置を忘れてはいけません。よくある原因の一つとして、温水洗浄便座のリモコンの電池切れが挙げられます。この場合は電池交換をすることで簡単に解決できます。その他の原因の場合は、むやみに対処すると漏電や火災などのリスクがあるため専門業者に任せた方が安心です。

■便座交換のポイント

取り付けや交換をする際には、取扱説明書に沿って作業を進めます。工具としてはドライバーなどが必要となりますが、商品によって異なります。販売している業者のホームページにおいても、性能や取り付け方が詳しく確認できます。使用済みの便座は、粗大ごみとして出すなど各市区町村での処分方法に沿って、処理をすることになります。砕いて分解し処分することは、プラスチックの破片が飛び散るなどの問題が出ますから、けがに繋がりかねません。

■まとめ
温水洗浄便座は家電です。そのため、水漏れが発生した際にはまずは水を止めて、感電しないよう電源プラグを抜くなど、落ち着いて対処しましょう。自分で対処できるトラブルなのか、業者に修理を依頼するのかじっくり考えることができます。また、便座交換のみであれば自分で施工を行うことも可能なため、トラブルが頻発する場合は便座を交換してしまうことも一つの解決策です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ