トイレ交換で頻繁に発生する水漏れ・詰まりを解決

トイレ交換で頻繁に発生する水漏れ・詰まりを解決 トイレの寿命は一般的に10年から15年程度が目安と言われており、ある程度の期間で交換をしなければなりません。便器そのものはとても丈夫なため、いつまでも使うことができると思いがちですが、パッキンや部品などの老朽化によって水漏れが発生するなど、定期的に修理が必要となる場合もあります。
また、寿命の他にも、お家のリフォームや、日々業者で開発されている高性能のトイレの設置、家庭環境の変化に合わせてなど、トイレの交換をする機会があります。そこで、押さえておきたいポイントをいくつか紹介します。トイレ交換を考えている方はもちろん、家の新築を考えている方の参考にもなります。

■便器交換は業者に依頼

和式から洋式に交換する場合はもちろん、便器本体を交換する場合は専門業者に依頼します。特に、懸念される問題としては処置を間違えてしまうと、水漏れを引き起こしてしまう可能性があります。大量に水漏れが発生した場合は、床下浸水をはじめ建物全体が被害を受けます。
また、水道管を破損してしまえば、トイレの使用が出来なくなってしまい修理には相応の費用や日数を要します。そのため、生活場面においても大きな影響を受けてしまいます。賃貸物件に住まれている方は、あらゆるトラブルの原因になりますから、自分の判断で勝手に交換することは避けましょう。

■トイレの選び方
商品を購入する前において、ライフスタイルに合わせて購入することが必要です。トイレ本体の費用を抑えることを前提に考えられている場合は、低価格で済むタンク・便座・便器を自由に選べることが出来る組み合わせ型がおすすめです。ゆとりを持って使いたい場合はタンクレスタイプ、デザイン性や手入れの手間を抑えたい方にはタンク一体型タイプがおすすめです。日々性能が進化しているトイレの交換は便座のみの場合は概ね自分で出来ますが、手がかかる場合は専門業者に依頼することがおすすめです。
その上で、交換する前に商品を選ぶことになりますが、予め床排水か壁排水かを確認します。概ね戸建て住宅では床排水、マンションが壁排水となっています。マンションの場合においてわからない場合には、管理責任者に確認すると良いです。

■便座の交換は自分でできる

洋式の場合は、便座の性能が各業者日々進化しています。サイズに合わせて商品を購入して、工具があれば自分で取り付けることができます。インターネットやホームセンターでも販売されていますので、性能に合わせたものを購入すると良いです。長年使用している場合において、不具合が生じた場合には本体ごと交換すると、長期的に見るとお得です。近年では節水や節電機能も進化していますので、光熱費の削減にも一役担います。また、温水洗浄はもちろん温風乾燥・脱臭消臭効果もあります。防汚性にも優れていると、衛生面でも安心であり日々の清掃においても、手間は少なくなります。性能が上がったことにより、快適になり使いやすくなっていますから、費用対効果は高くなります。

■まとめ
詰まりや水漏れが頻繁に発生するようであれば、配管やパーツなどの老朽化による寿命かもしれません。陶器で作られた便器はとても丈夫で、長く使えるように見えますが、長期間使用するうちに掃除などでついてしまった目に見えない細かい傷が発生し、汚れが落ちづらくなるということもあります。
便座の交換だけであれば自分で行うこともできますが、便器本体を交換するのであれば配管工事なども必要となるため専門業者に依頼すべきです。トイレは毎日の生活の中で欠かすことのできない存在です。トイレ交換を考えているのならば、ぜひ見積もりを取るところから始めてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース